メール パスワード

全国 TOP芸能ニュース

芸能ニュース

大島優子へ各局プロデューサーの信頼絶大!「優子の代わりなんていない」







 AKB48・大島優子(25)の卒業コンサートが8日、東京・味の素スタジアムで7万人の観客を動員して行われた。当初、3月30日に国立競技場で開催予定だったが、荒天で延期に。この日もあいにくの天候だったが、開演1時間ほど前に雨がやんだ。握手会女王として人気を獲得した大島らしく、全メンバー263人と20分43秒間、惜別の握手を交わし、空中ブランコにも挑戦。9日には東京・秋葉原のAKB48劇場で最後のステージに立つ。


”週末パッケージプラン充実!!お休みを利用して高収入GET!”
http://www.girlsworker.jp/kansai/shop/?shopId=1658


 AKB48の冠番組を担当し、グループ加入当時から大島優子を知るテレビプロデューサーがこのほど取材に応じ、トップアイドルへと成長した人気の秘密、テレビ画面からは伝わらない素顔を明かした。

 NHKで「AKB48 SHOW!」(BSプレミアム、土曜・後11時半)を担当する石原真さんは「いるだけで明るくなる太陽のような笑顔。子役経験があり芸能界の酸いも甘いも知り尽くし、部活動感覚のメンバーと根性が違う」と分析。「口下手な島崎遥香さんの面白さを引き出したり、周囲への気配りも人一倍」と評価する。

 日本テレビ「AKBINGO!」(火曜・深夜0時59分)の毛利忍さんは、3月に卒業企画を実施した際のエピソードを明かした。「アンケートで『心に残っている企画を教えてください』と質問したら、紙にびっしりと僕らが覚えてないことまで詳しく書いてくれた。放送されない部分でも手を抜かない、全力な姿勢がみんなに愛されるんだと実感した」

 収録でも頼りになる存在だった。石原さんは「段取りの変更があっても、大島さんに一言伝えておけば、全員に伝わる」とリーダーシップを認める。毛利さんも「AKB48は大人数だから演出が難しい。だから事前に一人だけ会議室に呼んで、番組の意図を伝えてました。勘が良いので、大島さんが先導役になって狙い通りの方向に進めてくれた」と賛辞を惜しまない。

 “ポスト優子”については「代わりなんていない。存在が大きすぎる」と口をそろえた。ただ、可能性を秘めた若手として石原さんはAKB48・高橋朱里(16)、NMB48・白間美瑠(16)、毛利さんはAKB48・西野未姫(15)、岩田華怜(16)らに期待を寄せた。

芸能ニュース一覧

憧れのお店で働く

初めての方へ

初めての方へ
あなたの専用のメールボックス
気に入ったお仕事を保持
あなたにぴったりのお仕事紹介

新規の高収入アルバイト

動画コンテンツ