メール パスワード

全国 TOP芸能ニュース

次へ

前へ

芸能ニュース

浅田真央、世界ふしぎ発見!でリポーター初挑戦へ「勉強になった」






 2010年のバンクーバー五輪フィギュアスケート女子銀メダリスト、浅田真央(23)が7月5日放送のTBS系「世界ふしぎ発見!」(土曜後9・0)でリポーターに初挑戦することが26日、分かった。休養宣言後“初仕事”で、同番組のファンだった浅田が出演を熱望して実現。フィギュアスケートの源流を探るためオーストリアなど中欧3カ国を訪れ、「表現者として勉強になった」と喜んだ。


”体験入店保証あり!!永久保証あり!!出来るサービスだけでOK”
http://www.girlsworker.jp/kantou/shop/?shopId=1764


 2月のソチ五輪で感動のフリー演技を披露した真央ちゃんが、リポーターに初挑戦だ。

 「何もかも初めての体験で大変でしたが、表現者としてはとても勉強になる旅でした」

 5月に1年間の休養を発表した浅田が6月12日から8日間、「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンターとしてドナウ川が流れるオーストリア、スロバキア、ハンガリーの中欧3カ国を訪れた。

 彼女らしく、テーマはクラシック音楽とバレエを融合させたフィギュアスケートの“不思議”に迫る旅。ハンガリーの首都ブダペストでは、浅田が2010〜11年から2シーズンにわたり使用した楽曲「愛の夢」の作曲家、フランツ・リスト(1811〜86年)をたたえる「フランツ・リスト記念館」を訪問した。

 同曲は2011年に最愛の母・匡子(きょうこ)さん(享年48)を亡くすなど、浅田にとっては辛い時期をともにした思い出深い楽曲。「今までリストやショパンなど作曲家をあまり気にせずに音楽を聴いていましたが、今回その歴史を初めて知りました」と告白。リストの肖像画を見つめながら「こんなにカッコいいんだ〜」とユーモアを交えながら「歴史を知っていたら、私の滑りも変わったかも」と振り返った。

 村田吉廣プロデューサーによると、同番組の大ファンの浅田が「1年後の休養明けにも役立つよう、見聞を広げたい」と自ら関係者に出演を直訴して実現したという。浅田の魅力について、村田氏は「知らないことは知らないとしっかり言えるし、納得するまで言葉で表現しようとする姿勢がとてもチャーミング。国民的人気の秘密を知ることができた」と語る。

 浅田は休養宣言の際、来季以降の選手としての復帰について「ハーフハーフ」と揺れる思いを吐露したが、国民的アイドルだけにタレントとしての活動にも注目が集まりそうだ。

芸能ニュース一覧

憧れのお店で働く

初めての方へ

初めての方へ
あなたの専用のメールボックス
気に入ったお仕事を保持
あなたにぴったりのお仕事紹介

新規の高収入アルバイト

動画コンテンツ