メール パスワード

全国 TOP芸能ニュース

芸能ニュース

13年ぶりキムタク「HERO」初回26・5%!今年ドラマ首位の数字で好発進






 14日にスタートしたSMAP・木村拓哉主演のフジテレビ系ドラマ「HERO」(月曜、後9・00)の初回視聴率が、関東地区で26・5%を記録したことが15日、ビデオリサーチの調べで分かった。


”体験入店保証あり!!永久保証あり!!出来るサービスだけでOK”
http://www.girlsworker.jp/kantou/shop/?shopId=1764


 2001年に放送され、木村扮する型破りな検察官・久利生公平が活躍する大ヒット作が13年ぶりに連ドラとして復活。平均視聴率26・5%は、今年放送されたドラマで最高の数字となった。

 01年の第1期作は最高視聴率36・8%(全話平均34・3%)を記録し、その後、06年のSP版の放送を経て、07年に公開された劇場版は同年の邦画実写1位を記録した。

 14日の初回は、久利生公平が東京地検城西支部に復帰。自身が居酒屋で、他の客に暴力を働いたため取り押さえた被疑者の指紋が15年前の宝石強盗犯人のものと一致。しかも、時効成立は3日後に迫っていた…とのストーリーが展開された。

 新しくコンビを組む事務官・麻木千佳役で北川景子が登場し、軽妙な掛け合いのもと捜査を進行。久利生は相変わらず通販好きで、服装はカジュアルでジーパン姿。13年を経ても、東京地検城西支部には事務官の遠藤堅司(八嶋智人)、末次隆之(小日向文世)がおり、かつてコンビを組んだ事務官・雨宮舞子(松たか子)の“近況”も明かされた。行きつけのバーのマスター(田中要次)のなつかしの名文句「あるよ!」も健在だった。

芸能ニュース一覧

憧れのお店で働く

初めての方へ

初めての方へ
あなたの専用のメールボックス
気に入ったお仕事を保持
あなたにぴったりのお仕事紹介

新規の高収入アルバイト

動画コンテンツ