メール パスワード

全国 TOP芸能ニュース

芸能ニュース

所ジョージ、好感度タレントへの執着はなし







来年の1月に還暦を迎える、タレントの所ジョージ。1977年のデビューから数えて芸歴は37年にもなるが、59歳の現在もBSフジ『所さんの世田谷ベース』をはじめ、6本ほどの長寿レギュラー番組を抱える人気ぶりだ。好感度タレントとして、常に上位にランキングされているが「みなさんが勝手にジャッジしているだけ」と一蹴する。そんな所の考える芸能界での存在価値について、話を聞いた。


”最高の環境をお約束”
http://www.girlsworker.jp/kansai/shop/?shopId=5541


自身がレギュラーを務める番組を数多く長寿化させている所。その理由について「ちゃんと内容があるからだね。至極単純。内容がなければ飽きられるだけ」と胸を張る。「自分自身の人気とかは一切関係ないね。そもそも誰かに支えられてやっているわけでもないし、私の発表したいことだけをやっているだけ。人気をキープしたいとか、皆様方に好かれてやるとかだと、私のソウルがなくなる。皆さんが勝手にジャッジしているだけで、それは私には何も関係ない」と、“好感度タレント”としての自覚や執着はない。

これまでの37年間は「色々なものを疑ってかかってきた」時間だった。所といえば『理想の上司』や『理想の父親』のランキングで必ず上位に食い込むタレントとして知られるが、本人はここにも疑問を投げかける。「アンケートの聞き方って大体が“〜にしたい”でしょ?本来は“〜になってほしい”だと思うね。父の日はお父さんを尊敬する日。であれば“父親になってもらいたい”という言葉でアンケートするべき。だから“父親にしたいタレント1位”なんてのは嬉しくないね。なんでお前(選ぶ側)が上なんだ!と言いたくなる。“したい”と言われた時点で『今日の夕飯はラーメンにしたい』と同じレベル。もっと敬わなくちゃ」と、支持されることへの思い入れはなく、そのアンケートのあり方についてツッコミを入れる。

そもそも自身を“本流”の芸能人と思ったことは一度もないという。「正しい芸能界は厳しいね。ちゃんと先輩がいて順番を守らなければいけないから。自分はもっとインディペンデントな、芸能界ではない芸能界にいると思っていて、そこで私の山を作りたいだけ。かといってその山に誰かを呼び込むかというと、そうでもない。正統派じゃない僕のような人間が、たくさんいてほしいとは思うけれど」と、個性が失われつつある現在の芸能界にどこか寂しげだ。

『面白そう』は、所にとって重要なキーワードになる。レギュラー番組では「番組に来ている面々が楽しく出来ればいいし、皆が大変な思いをするのであればやらなくていい。聞かれたくない話を聞いたり、突っ込んで話を転がしたりするのはゲストに失礼。気持ちよく帰ってもらわないと、私が面白くない。収録だって何回もリハーサルをして時間をかけるくらいだったら、番組自体やらない方がまし」と、近年のテレビ作りとは真逆な発想で臨んでいる。さらに「お客さんを会場に入れるような番組では、無理にお客さんを盛り上げないし、一丸となってやるつもりもない」と言い切る。その理由は「会場じゃなくて茶の間が湧けばいいわけだから」と、テレビの基本であるアウトプット先としての“お茶の間”を意識している。

来年に迎える還暦や引退の可能性についても、持論を展開する。「さんちゃん(明石家さんま)は『60歳になったら引退だ』なんて言っているけれど、あの男はずっとやるよ。だって好きなんだもん。舞台に集中したいと思っているだけなんじゃない?」と“明石家さんまの発言”を引き合いに話し始めると「(所自身は)どこかで急に辞めてもいいとは思っているね。それはさんちゃんも同じじゃないかな」とあっさりと引き際への覚悟を語る。一方で「でも急に辞めるとなるとテレビ局に迷惑がかかる。辞めるのであれば、半年くらい前に辞めることを決めて、後継者への引継ぎをするのが大人でしょ。でもそれが面倒くさい。そもそも辞めると言ってやり続ける消化試合は耐えられない。だったらずっと続けた方がいいし、今が面白いから『いついつ引退します』とか計画も立てられないんだよ」と、笑い飛ばす。

そんな所のモノの考え方を発信するBSフジの『所さんの世田谷ベース』(火曜午後11:00)では、地上波では拝見できない“ブラック”さがチラリと顔を出す。千原ジュニアら、そんな部分に惹かれる番組ファンも多い。10月には東京・台場で、所が企画を担当した同番組のイベント「アメリカン・ピクニックデイ」を開催。アメ車やアメリカングッズを展示するなど、ここでも自分の好きなものや表現したいものにこだわる。若かりし頃と比べて「ずいぶん丸くはなりましたよ。怒りを前面に出しても嫌われるだけだし」とは言うものの、9月13日に発表するCDアルバムも、14曲入りで700円という業界の常識を覆す形で売り出すところは、これまでと変わらず“尖って”いる。

「当然700円で作れば損しますよ。でも“頑張って幸せになって恋人が出来て季節が変わる”とか歌っているような奴のが3000円するのだっておかしい。ミュージシャンを呼んで、スタジオもきちんと使って音楽としてしっかりと成立させながら、それで700円。いつか自分が死んだときに誰かが振り返って『あの人って、700円でアルバムを出したんだよ』と言われたら、それこそ面白い。私はいつも語り草を作っているのかもね」。

周囲からどう見られているか、ではなく、あくまで自分自身の道を歩み続ける。目前の還暦をものともせず、既存をぶち壊すマインドでこれからも変わらず、面白く遊び、生きていくつもりだ。

芸能ニュース一覧

憧れのお店で働く

初めての方へ

初めての方へ
あなたの専用のメールボックス
気に入ったお仕事を保持
あなたにぴったりのお仕事紹介

新規の高収入アルバイト

動画コンテンツ