メール パスワード

全国 TOP芸能ニュース

次へ

前へ

芸能ニュース

“美人過ぎるAD”の女子アナ転向にみのもんたが苦言







■ADから女子アナに異例の抜擢

TBSのAD(アシスタントディレクター)から女子アナウンサーに転身した笹川友里アナウンサーが話題を集めている。入社2年目の笹川アナは、就職活動中にTBSのアナウンサー試験を受けるも不合格。それでも一般職の試験に合格し、昨年4月に情報番組やバラエティー番組を制作する情報制作局に配属され、ADとして番組制作に携わっていた。


”体験入店保証あり!!永久保証あり!!出来るサービスだけでOK”
http://www.girlsworker.jp/kantou/shop/?shopId=1764


当時から“美人過ぎるAD”として局内などでは話題を集めていたそうだが、同局の人事異動により異例の抜擢を受けてアナウンス部に異動し、アナウンサーとして活躍することに。今月5日放送の情報番組「王様のブランチ」でアナウンサーデビューを果たすと、お笑いコンビ「タカアンドトシ」がメインMCを務める同月24日スタートの情報バラエティー番組「WADAIの王国」にもレギュラー出演している。

■田中みな実アナの退社の影響も!?

TBSといえば、バラエティー番組を中心に活躍していた田中みな実アナが、9月いっぱいで同局を退社する予定だが、今回の“シンデレラストーリー”に対して、別の民放テレビ局の関係者は苦笑混じりにこう語る。「笹川アナの出演番組を見てみるとバラエティー系が多く、あきらかに田中アナの後釜にしようというTBSさんの狙いが見えみえ。しかも、『“美人過ぎるAD”として局内で話題を集めていた』というお手盛り感満載のエピソードや“美人過ぎる○○”といったありきたりのフレーズも、なんだかシラケますよね。別に笹川アナ本人が悪いわけではないですが、どうせなら、もう少し上手く売り出してあげればいいのに…」。

■みのもんた氏は「不愉快な気持ち」

インターネット上などでも、「TBSは話題作りに必死すぎる」や「自局の社員を美人過ぎるって(笑)」といった声が数多く出ているが、そうした中で「不愉快な気持ち」とまで口にしているのが、フリーアナウンサーのみのもんた氏だ。みの氏は『週刊アサヒ芸能』で連載中のコラム『みのもんた NEWS ブッタ斬り ファイナルアンカー!』で、「(笹川アナが)この記事を読んだ時、『アナウンサーを何だと思っているんだ!』と、正直に言うと、不愉快な気持ちになったんだよね」と胸中を吐露。

その理由について、「私らの時代は語彙も豊富で、文章を読解する能力にたけていて、さらには、決められた時間内に何文字読めて、どんなスピードで話せば時間ぴったりに収まるのか、しっかり訓練を受けて、体に染みついて初めてアナウンサーと呼ばれた。いわば、『しゃべりの技術職』なんですよ」と説明し、「確かに、笹川さんも研修を受けたとは書いてあるけど、本当に本来のアナウンス業務ができると認められたのかな。少なくとも、アナウンサーとしての素質があると認められたのだろうか」と疑問を投げかけている。

■「アナウンサーとは呼びたくない」

さらに、笹川アナが今後、田中アナの代わりに芸能色の強い番組を中心に活躍することになるだろうと予想しつつ、「話すだけなら別にアナウンサーじゃなくてもいいんだよ」とミュージシャンやアイドル、評論家などが番組の司会を務めているテレビ界の現状に触れて、「でも、それは『話す・読む』じゃなくて『おしゃべり』。笹川アナも『おしゃべり』の仕事ばかりで、本当にいいの!? それでいいというような人を『アナウンサー』とは呼びたくない!」とバッサリ。

そのうえで、「もちろん、TBSに限らず、どこの局も女子アナをタレントのように使っている。でも、TBSが他局と違うのは、ラジオ局を持っているところ」とし、「ちゃんとアナウンサーに必要な『しゃべり』を鍛えるのなら、笹川アナにはラジオをやらせない。切磋琢磨して技術を高めていってほしい」と語っている。

みの氏の発言には、アナウンサーという自身の職業に対するプライドや後輩アナウンサーの将来を危惧する愛情も感じられるが、果たして笹川アナは大抜擢のプレッシャーをはねのけて、周囲の期待に応えることができるのか?

芸能ニュース一覧

憧れのお店で働く

初めての方へ

初めての方へ
あなたの専用のメールボックス
気に入ったお仕事を保持
あなたにぴったりのお仕事紹介

新規の高収入アルバイト

動画コンテンツ